KNN

KNN KandaNewsNetwok

ニュース

iPhone日本上陸から10年!

十年前の本日、2010年7月11日アイフォーン3Gが、日本で発売となった。 あれから10年。本格的なスマートフォン時代を迎えた。 カバンの中身を変え、もはや、手のひらがすべての情報のスタート地点はと変わった。 誰もが移動時間に紙媒体を手にしなくなり、 テ…

倉敷市の被害への義援金システムについて

倉敷市のTwitterがどこよりも、内情を伝えてくれる。 twitter.com しかし、義援金については、これからということだ。 一番、必要なのは、震災直後の被災者。落ち着いてからの義援金は大した励みにならない。みんなに公平に平等に分配しようとするから時間が…

米中、経済戦争 第1弾開始!まずは340億ドル 3.8兆円

トランプ米政権は6日、知的財産の侵害を理由に、中国からの輸入品340億ドル(約3・8兆円)分に25%の追加の関税をかける制裁を始めた。中国も同日、米国に同規模の報復措置を開始。米中の対立がエスカレートすれば、世界経済に深刻な影を落とす可能…

日本流イノベーション『アルムナイ型社会』WBS

ボクのまわりには、元リクルートだった通称『モトリク』が非常に多い。 かつては、卒業生たちが自主的に『アルムナイ(卒業者組織)』をつくるケースだったが、企業が公認でアラムナイを作るケースが増えてきた。 自社の強みも弱みも内部事情や人事状況も理…

地下鉄サリン事件から23年間、松本智津夫(麻原彰晃)ら死刑執行

2018年7月6日(金) 死刑執行、ついにその日がやってきた。 人々の記憶も薄れ、被害にあった関係者がすでに他界しているケースもある。 死刑囚らからの謝罪もないまま、刑は執行された。 この『時間』は本当に必要な時間だつたのだろうか? 東京拘置所で、松…

正々堂々とアイコラチャレンジできる #欽ちゃんチャレンジ on Twitter

萩本欽一さんのアイコンでコラ画像選手権がtwitterで開催中だ。萩本欽一さんの画像を自由に期間内はコラージュできるという…。 #欽ちゃんチャレンジ の素材はこチラです! https://t.co/sJXtUG33cG— Paul神田敏晶 Paul Toshi kanda (@knnkanda) 2018年7月3日 …

インスタグラムは50代以上の女性のSNSへ: 彼女たちはもう『おばさん』ではない。

まさに #instagram は 50代以上のお姉さんメディアなのです。【驚愕】InstagramはおばさまのSNSになっていた。https://t.co/i7sHPDWirq pic.twitter.com/MvvRVEPVYs— Paul神田敏晶 Paul Toshi kanda (@knnkanda) 2018年7月3日 永江一石のITマーケティング日…

驚愕! 『新・引越の常識』仲介手数料は同意がなければ約半月(0.54ヶ月)分! 鍵交換費用は大家さん持ちだった!

今週のはてなブックマークランキング1位の記事メモ 今週のはてなブログランキング〔2018年6月第4週〕 - 週刊はてなブログ 先週から、はてなブログProのトライアルで、『はてな村』に仮入居している。巷の事件で騒がれているだけの『はてな』ではなく、やはり…

今日の『会議』には『SMART』が設定されていたか? #SMART な #目標設定 とは

毎日、どこかで『会議』が行われている。 得意先の『社内会議』にオブザーバーとして参加すると、この『社内会議』ほど、それぞれの企業の社風を標榜しているものはない。いずれの社内会議も、一見、建設的でポジティブなストーリーだが、会議のための会議に…

TikTokをアジアで大流行させたUIデザイン戦略とは?

【UI】『メルカリ』にも言えることだが、やはりUIデザイが、スマートフォンに、最適化されていないとスケールしないということ。録画ボタンの一つとっても使い勝手が違う。 録画ボタンでもスマートフォン自撮りならではの機能を… □長押しシャッターボタンが…

さようならカイ君 ソフトバンクCM初代お父さん犬おなくなり16歳

2018年6月28日木曜日 ソフトバンクのお父さんで知られる初代お父さん犬のカイ君がなくなったそうだ…。 2010年03月28日に一度だけお会いしたことがある。 ほんとうにおとなしくてかしこいワンちゃん。 北大路欣也さんの声が聞こえてくる気がしてならない。 ソ…

スマホ時代の理想の行数

スマートフォンで記事を読もうとすると、7行を超える文字は、読みたいモチベーションがないと読もうと思えない。ニュース記事の大半が7行以上もある。 ニュースを読まない人が増えているのもここに理由があるのかもしれない。 スマホで一瞬に読める行数は、3…

野球マンガ『ドカベン』46年間の連載終了

1972年から週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載されてきた野球漫画「ドカベン」シリーズが28日発売号で完結し、46年の歴史に幕を閉じた。作者の水島新司さん(79)は誌面に「たしかに46年間は長い年月です。しかし長さは感じませんでした。…